【鍵トラブル】なら24時間全国受付対応のカギトラブルnavi

カギトラブルnavi

フリーダイヤル0800-600-0608

フリーダイヤル0800-600-0608

事例を見てみよう

カギ穴に油を注入したことによる故障

鍵の滑りが悪くなってきたと感じ、カギ穴に油を注入したけど、さらにひどくなってしまった!というケースです。
カギ穴の中には金属でできたバネが入っています。油によってホコリなどがバネにくっついてしまいます。これが溜まっていくと、だんだんと動きが悪くなってきます。
こうなると、鍵業者でなければ修理することは難しいでしょう。費用も逆に高くなってしまいます。カギ穴に油を注入するのはやめましょう。

お風呂場での故障

お風呂場は常に湿気が高いです。その湿気によって鍵がさびてしまうというトラブルが多いのです。さびてしまうと、全体を交換する必要があります。その場合、やはり金額も高くなってしまいます。
こうなる前に、特にお風呂場のような、傷みやすい場所にある鍵は、日頃からこまめに点検し、トラブル回避をすることをオススメします。

カギ穴の中で鍵が折れる

鍵のすべりが悪く、無理矢理まわそうとしたり、イライラして乱暴にまわしてみたり・・・という経験は1度はあるのではないかと思います。
このように無理矢理鍵をまわしたことによって、カギ穴の中で鍵がポッキリと折れてしまうというトラブルがあります。こういったトラブルは、家、車、バイク、倉庫など様々な場面で起こっています。長い間使用していると、当然劣化してきます。その劣化が原因でカギ穴の中で鍵が折れてしまったり、また、スペアキーなどは、純正の鍵より材質が柔らかくなっているので折れてしまうというトラブルがよくあるそうです。
鍵がカギ穴の中で折れてしまった場合は、鍵業者に連絡しましょう。カギ穴を傷つけることなく処理いたします。

カギのトラブルなら、カギトラブルnaviへご相談下さい!

スタッフ待機中!